So-net無料ブログ作成
抗がん剤(アブラキサン) ブログトップ
前の10件 | -

アブラキサン4クール14日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

備忘録

<痺れ>
手足の感覚が鈍く、歩いている感触、触っている感触があまりない。
階段を下りるときは注意しながら降りる。
急いで降りるのは危険。手すり必要。
手の指先は感覚が薄いのでケガと火傷に注意。
薬の袋は切り込みを入れてないと開けられないことが増える。
痺れが強いときは爪ごと押さえつけられていたときのような痛みが出る。

なんとなく顔面も痺れている気がする。

<脱毛>
全身の毛はほとんど抜けている。ツルツル?
頭の髪の毛は部分的に微量が残っている。
眉毛はうっすら残っている。
まつ毛はまだ大丈夫。でもまばら。

<睡眠>
眠れている。

<痛み>
関節痛のようなものが時々出現。その時はぎゅーっと締め付ける感じで痛む。
膝下、手首の痛みが多い。

<冷え>
手先足先がいつもよりとても冷えていると感じる。

<視力>
右目が以前より見えにくさを感じる。
(大鵬製薬のアブラキサンのページで視力低下の症状も出ることがあると見つける。)
抗がん剤と直接結びつけられるものではないけれど記録として残す。

アブラキサンかFECか [抗がん剤(アブラキサン)]

「次からどうしようか」と先日主治医に尋ねられた。
続けてアブラキサンでいくのかFECに変更するのか決めかねているらしい。
乳癌と卵巣癌で言うならラッシュと言って急激に大きくなる(増える)こともある卵巣癌のほうが
悪性度は高いので続けられるならアブラキサンだけど、
副作用が強そうならFECに変えようか?というところのようだ。
しかし、患者の私にどちらがいいなどと判断できるわけもなかった。

けれども副作用で痺れと関節痛や筋肉痛が今回長引いていること、
痺れのせいで膝カックンされたらいつでも転がれると
私が冗談めかして言ったことが気にかかったらしい。
「それは良くないねぇ」と主治医。

「将来本当に卵巣癌になることがあるとしたら、
アブラキサンが必要になったときのためにとっておく?でも今度のCT検査を見てからにしよう。
いずれにしてもあなたの場合はターゲットがあって経過を見ながらではなく、
予防的治療だからね。」と次回の薬はCT検査の結果を見てからということになった。

抗がん剤の薬に関してはお任せしているのだから後から私が文句をいうはずもないけれど、
「どうする?」と聞いてくれたことは少し嬉かった。


このときの話では「あと1、2回ならアブラキサン続けても大丈夫かも」と言っていた私だが、
今朝になって近所の公園の石段を上り下りしたときの足元のおぼつかなさといったら。
本当にいつでもけつまずいて転んでもおかしくない。
足の裏の感覚がないので雨降り後の今日は特に危険を感じた。
(やっぱり次回からFECでお願いしようか。)そんな気持ちになりつつある。
痺れと痛みのコースから吐き気のコース替えってことで。

主治医の話ではFECのほうが最近では副作用の対処薬が進化しているので
最近の薬アブラキサンのほうが副作用がきついらしい。(オイオイ)

自分ではどの程度の状態が副作用がきついのかそうでないのかわからないけど、
歩行に支障をきたすのはやっぱり強めに出ているのかもしれない。

次の薬が何になっても寝込んだとしても大丈夫。
そのために休職してるんだしね。^^

アブラキサン4クール7日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

こんばんは。
さきほどお風呂から出てふと鏡に映った自分のハゲ頭にビクッとしたえーぽんです。笑


アブラキサン4クール7日目。まもなく8日目に突入です。
4クール目はしぶとくビリビリの痺れと筋肉痛、手足のこわばりなどが続いています。
7日目だった今日は微妙に顔面が痺れていて笑えました。
夕方くらいにシビレがひどくて痛み止め飲んでほんの僅か改善。

ただ、あと抗がん剤治療も4回受ければ終わると思うと俄然生きる気力がみなぎってきます。
副作用もおさまりつつあるこのタイミングだからよりそう感じます。^^
やったるでー。あと4回。すぐ終わる~。

さて、療養生活終了まで指折り数えちゃう中で少しずつやりたいことをこなしていきたいと思い、
イベントにも予約しました。(イベントの文字をクリックでリンク先に飛びます)

少し前に東京でもやっていたのですが行けなかったので今回はリベンジ。
元気な体作りのためにいろいろ得られるものがあるかなと期待しています。

アブラキサン4クール目6日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

今朝になってようやく体が楽になった。

階段の上り下りはまだ足がこわばっているけど痛みはさほどではない。

今回は頭がこわばったのが新しい症状の一つ。

頭痛じゃなくてこわばった違和感。

あとは左肩の肩甲骨あたりがこったように痛い。

痛み止めのトラマール3錠は辛かった3日間ですべて飲んでやり過ごした。

それからのどに何か詰まったような違和感がずっとあった。

今は治まっている。他の方のブログでも胸のつかえなどの書き方で書いてある。

何なんだろう。

でもま、今回も頑張ったぞ自分。

アブラキサン4クール1日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

とうとう4クール目になりました。
長いような短いような。

今日は朝9時の診察だったのですが、
いろいろ待たされて終わったのは13時半くらいでした。
なんかね、ケモの調合が混んでたんだって。
私のアブラキサンが調剤室から来るまでの間、
最後に流すはずの生理食塩水をゆーっくり流したりしながら待ちましたよ。

次回のケモまでにCT検査もするそう。
主治医も忙しくていろいろ抜けがいっぱい。
いつもアレルギー反応がでちゃうから造影剤抜きのCTのはずが造影剤有で予約されてたり、
先日の心エコーの結果をフィードバックしてくれてなかったり、
漢方薬の牛車腎気丸を処方するところを中止にした麻黄附子細辛湯で処方してたり。
病院という場所に慣れてきたからこちらもいちいち「これは違う」と言えるけど、
初めてだったら「これって大丈夫?」と思いもしないかも。


さて、先に書いたように今日は薬の到着が遅くて
その間に例のアイスノンで私の手足はキンキンに冷えていた。痛いくらいに。笑

そして、さすが4クール目です。
初日から手足の痺れがジンジンと半端ないです。
アイスノンはほとんど気休めみたいなものかも。
あとは倦怠感が早速出ています。
ちょっと調子悪いかな?だるいなという程度ですけど。


あと余談ですが、
高額療養費って3カ月該当月があると、4か月目から限度額が引き下げになるのですが、
入院と外来は別々でカウントするとはじめて知りました。

お恥ずかしながら私知らなくて、
入院も外来も合計で3回該当したら4回目から限度額が下がると思っていました。
なので私の場合、5月、7月の入院で2回。
ケモが始まったのは9月からなので外来で9月、10月、11月で3回、
来月から引き下げになるようです。

引き下げになるのも病院の窓口に「今月から多数該当になります」と申告しないと
忘れられてしまうこともあるようです。
気をつけないといけないなと思ったのでここに残しておきたいと思います。

ではしばし副作用ウィークに突入してきます~。(>_<)/

アブラキサン3クール13日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

時間が経つのははやいもので明日から11月。
必死に働いても、口を開けてぼんやりしてても時間は進むのだなとおもしろく感じます。

アブラキサン3クールも13日目です。
今回は地味に関節痛が長引いて、今も時々じわっと痛い時があります。
痛いと言っても締め付けられるような程度の痛みで普段通り動けますのでご安心を。

あと視力が前より見えにくくなっている気がします。
右目が特に。調子がいいときと悪いときというように波がある感じ。

先日作った眼鏡も見えるけどダブって見える。
でもそれは眼鏡じゃ治らないかもと感じることがあって、
視力チェックの時、
例えば0.7の輪っかが「さっきは見えなかったのに次の瞬間は何となく見える。」みたいな感じで
見え方が不安定だったから。
ケモが終わるまで視力は安定しないかも。

他の変化は爪の変化。
爪の付け根の半月のところに沿って黒ずんだ線が出来てきた。

あとは皮膚が年のせいもあるけど、
なんだかいつもより乾燥?シワシワしている。

痺れに関してはずっと痺れているわけだけど、
先日セルフでできるハンドエステを教えてもらってやってみたら
ちょっと血行がよくなったのか楽になった気がする。
ハンドエステ、有効かもしれません。

アブラキサン3クール9日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

今日でアブラキサン3クール9日目。
やっぱり薬が蓄積するようで、
手と足は痺れすぎて何かグローブとかブーツとか余分につけているみたいな感覚になっている。
歩くときはなんとも心もとない感じだし、
階段の上り下りは一段ずつ膝カックンをされているよう。

あと痛みは筋肉痛はおさまって、今は関節痛が気になる。
あちこちの関節そのものとそのまわりがじわ~っと痛いのが日に何度もやってくる。
特に膝下はわりといつも痛い。
我慢できないほどではないけど少しイラッとします。

それとここ数日痛みのせいであまり寝られず、
痛みがおさまったら寝られると思いきや何故か今も不眠状態が続いている。
副作用とはあまり関係ないと思うけど、ただちゃんと寝たいなあと思う。

アブラキサン3クール3~5日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

<3日目>
1日目と2日目にあった動悸と息切れは治まる。
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は動悸が出てから飲んでいない。

3日目は昼頃までは動ける状態だったので病院へ行き、
主治医に上記の症状を話すと
念のため採血、心電図、レントゲンを撮るようにと指示される。
後日心エコーの予約も入る。

動悸については麻黄附子細辛湯にもアブラキサンにも共通する副作用であるが、
麻黄附子細辛湯は血行を良くする作用があるために動悸が起こることがあるらしい。
今回は麻黄附子細辛湯をやめて牛車腎気丸(ギュウシャジンキガン)という強そうな名前の薬に変更。

主治医が「牛車腎気丸は足に対して効くけど、手のほうまでは効かないから…。
でも一般的には牛車腎気丸を処方されることが多いのでこれを出しておくね。」と言った。

私の痺れは手のほうもひどいので一つの手段を失ったようで残念に思った。

しびれについては薬を変えたからなのかわからないけれど、
この3日目の夜からひどい痺れに悩まされる。
とにかくビリビリと肘から先、ひざから先、あと舌先まで痺れは強烈さを増した。

いつもの関節痛や筋肉痛については早めにトラマールを飲んで対処する。
倦怠感が強くあり、早々に就寝。


<4日目>
痺れと関節痛と筋肉痛が慢性的な感じで一日中寝て過ごす。
トラマールは夕方まで飲まずに我慢してから飲む。
夜はやはり落ち着いて寝ていたいので。(勝手に痛み止めは一日一錠と決めている私)
翌日はましになっているだろうと期待を込めてやはり早々に就寝。


<5日目>
昨日よりはだいぶ動ける。
関節痛は常にあって痛いのに、時折、激痛がやってくる。
筋肉痛なのかあちこちが時々きしむ感じに痛い。
階段の上り下りは手すりが必須。

ビリビリの痺れは少し軽減。

痛みのせいで意識ははっきりしているのに体が思うようにならずとてももどかしい状態。
もし自分の体が着ぐるみならば、
「うがーーーーーっっ!!!」と叫びながら脱ぎ捨てたい気分。
しかしながら叫ぶだけの元気もありゃしない。

こんな状態なのにこの日の夕方からは待ちに待っていたイベントがあった。
何カ月も前から楽しみにしていたやつ。
どうする?と直前まで体の調子を見ることにした。

アブラキサン3クール1、2日目 [抗がん剤(アブラキサン)]

3クール目に入ったこの日は買い物の用事もあったので、
9時前に家を出て5時半頃帰宅した。
長い一日でした。

<1日目>
3クール目になると薬が蓄積するのか1日目からいろいろ症状が出ました。
シビレが刺すような部分的な痛みから、手足全体が痺れて痛いという痛みに。
就寝後に痛みがひどくなったため、たまらず深夜リリカを服薬。
飲んでみて気持ち楽になったかも。
(長期の服用で効果がでるものらしいのでほんとに気持ち的に)

その他、体は倦怠感がいっぱいなのになかなか寝付けない。
そして頻尿。夜中に4,5回はトイレのために起きる。

寝れないからそれなら起きていようと読書をしたりして過ごすわけですが、
安静状態にもかかわらず動悸がしばらく続く状態になる。
そして軽く動いたときのようにハアハアと息切れのような呼吸になる。
薬剤師さんから動悸をみとめたら漢方の麻黄附子細辛湯は中止と言われていたのを思い出す。

あと強烈なホットフラッシュ。
体が焼けるような、一時的に風邪で高熱出したみたいになる。

そしてほとんど眠れず1日目の夜は明けた。

<2日目>
シビレの痛みは治まる。
そのかわり強い倦怠感がある。
これを書いているのはお昼頃だけど、今日はもう横になっていようと思う。

いつもの3~5日目だけ要注意と心積もりしていたが、
副作用が顕著に現れる期間が広がったようです。

抗がん剤治療のこと [抗がん剤(アブラキサン)]

眼科で処方箋を出してもらったもののまだ眼鏡を作りに行けずにいます。
つい数日前まではっきり見えていた景色が輪郭さえおぼつかない見え方になり、
その見え方に慣れないえーぽんであります。


さて、抗がん剤治療について少し自分の認識と違うスケジュールが出てきたので
またここに残しておきたいと思います。

当初はアブラキサン4クール、FEC4クールと思っていましたが、
主治医のほうではアブラキサンは卵巣癌、乳癌の両方に使われる薬なので、
副作用の影響が強く出すぎなければ8クールすべてアブラキサンで通してもいいのではないかと
思っているようだと最近わかりました。

私はあまり長く続けると
このシビレがあとあと後遺症のようになってしまうのではないかと不安です。
日々、痺れ方が強くなってきているのでなおさらに。
かと言って、より強いと言われているFECがいいと思っているわけでもないのですが。

今回の視力低下についても直接は抗がん剤が影響したのは考えにくいと眼科医は言っていましたが、
レーシックを受けていた私の眼が近視に戻ることは何もしてなくても可能性としてはあって、
抗がん剤はその引き金として十分だったということだと思います。

主治医も眼科での話を聞いて、「きっかけになっちゃったのかもね」と言っていました。
しかしながらこれは結構大変なことだと思います。
抗がん剤というのは正常細胞を痛めつける力がどれほど強力かということです。
ケモが終わっても私の視力が戻る保障はないのですから。


シビレがひどくて先日処方してもらったリリカという薬を飲もうかと思い、
薬の説明書きを見ていたら、

副作用として
「眠気、めまい、むくみ、体重増加、頭痛、ふらつき、かすみ目、
物が二重に見える、視力低下、便秘、下痢、吐き気、発疹、口の渇き、
だるさ等現れることがあります。」

・・・・・。

飲めるか!

なるべく薬は増やしたくないものです。
前の10件 | - 抗がん剤(アブラキサン) ブログトップ