So-net無料ブログ作成
免疫力アップ ブログトップ
前の10件 | -

断食中~ [免疫力アップ]

主治医から早めに断食してねとオーダーされたのだけど、
仕事も始める来月からだと連休を取りにくい。

だとすると3月中だと思って、
前回行った断食道場の空室状況を確認したら、相部屋しか空いていない。
いつもなら相部屋でも気にしないけど、ちょっとこのハゲ頭ではいろいろ不便そう。

かと言って以前利用している免疫クリニックだと断食目的だけで行くには高額。
うーん、と考えて「自宅でやってしまえ」と決めた。

そして今日はその断食一日目。
夕方あたりからお腹がすいてたまらーん。笑
自宅でやるっていうのは誘惑が多いということだわね。やっぱり次回は施設を使おう。

ま、やり方はわかるので今回のみ緊急対応ということで頑張ってみる。
でもさっきからそうめんが食べたいとかスープが飲みたいとかそういう想像ばっかり。笑
断食って言っても何も飲み食いしないわけじゃなくて、
水はいつもより多めで栄養素補給の酵素もちゃんと準備してます。

一応三日間の予定だけど、
無理はしたくないのでどうしても無理だったらやめるつもり。
慣れてない人は自己流でやっちゃだめよ。

よく断食っていうと誤解される。
何のためにやるのかというとダイエットではなくて、
体内のいろんな老廃物や溜まった毒素を排出させるため、デトックスですね。
内臓しっかり休ませて、免疫力をアップさせるためです。

あと、食事をリセットさせたい思いもある。
玄米菜食を定着させるために一度体内をリセットしようという目的。
玄米菜食って厳密にやろうと思うと、
肉や魚、卵や乳製品などは食べてはいけないとか糖分は出来るだけ摂取しないとかあるのです。
ガン患者には有効だとうたっている書籍も多いですね。

だけどそこまで徹底するのは結構大変なので、
私の場合は「なるべく玄米菜食」でいきます。
外食のたびに「何が食べれるの?」と相手に気を使わせては気の毒だし、
無農薬野菜や有機野菜のみ摂取するには値段のこともあるけど気軽に手に入る環境も必要。
外食の時は自分が動物性食品を食べなければいいだけですからね。

幸いなことに無農薬の玄米は手に入る。
自宅で食事するときは野菜はスーパーのになってしまうかもしれないけど、
手に入るときは無農薬や有機の野菜を優先させればいい。

糖分に関してはだいぶ減らすことが出来ている。
不思議なんだけど、以前より甘いものが苦手になりつつあります。
とはいえもともと甘いもの苦手なんですけどね。さらにっていう感じです。

食事に関してはまたの機会にちゃんとまとめたいと思います。
とりあえずあと2日、頑張れるかな~。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毒出し中かな? [免疫力アップ]

昨日いきなりの発熱。

測ってみたら38度2分。

どうりで立っているだけでしんどいと思った。

免疫クリニックの予約もキャンセルして休むことにした。

ちょうど生理が始まりそうなタイミング。

でも前回が変なタイミングで不正出血なのか生理なのかわからない状態で

今回きちんと始まるかは非常に怪しい。

左右鼠径部が2,3日前から張っているのできっと生理が来ると思っていた。

だるいのもそのせいかと思っていた。

けどまだ始まらないし、とにかく調子が悪い。

3,4時間後少しだけ熱が下がり味噌汁が飲みたくて、作るためキッチンに。

しかし作った直後に強烈な貧血状態~。世界がチカチカクラクラ。

ちょうど夕飯時だったが全てを諦めて這うように寝室へ。

寝室までの廊下で二度ほどうずくまる。こんなに遠いと感じたのは初めてよ。

心配した夫が「救急で病院行くか?」と。

ごめんね。心配させて。でもきっとこれただの貧血だわ~。

急に起き上がるとこういうことあるかも。


この絶不調はなんだ?

世に言う毒出し?

冷え取りだってずっとしてきて、めんげんらしきものなんてほとんどなかったけど、

やっと毒出し出来るくらいに身体が整ってきたということかしら?

あまりに体の状態が悪いと毒出しすらできずに体に悪いもの蓄積して悪循環になるとは思う。

熱はあるけど風邪っぽくはないのよね。

毒出しだといいな~。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

免疫治療スタート [免疫力アップ]

今日から始まりました。

免疫治療版の抗がん剤投入です。

聞かれたことはあるかもしれませんが超高濃度ビタミンCというものです。

点滴してもらうのですが、量によってお値段が違うらしいです。

50ccとか25ccとか。

これから半年間、週一コースです。

定期的に血中濃度を見て量は減らせばいいと主治医監修。


調べてみると本当は一週間に2、3回やるらしいのですが、

私の場合は予防でもあるので週一回+経口のビタミンC剤を飲んでます。

そのお値段が痛い(点滴のほう)けど、

いずれ仕事復帰する予定なのと特別にかなり値引きしていただいたのでなんとかやりくりできそうとお願いしました。

値引きしていただいた手前、いくらとは言えませんが通常の半年がっつり抗がん剤打つ金額より

少しお高いかな~?という感じです。

副作用はビタミンですのでありません。むしろ肌にいいオマケ付き。


あとはついでに温熱ドームにも入れさせてもらいました。

体温を上げるのに大変効果あります。

たくさん汗を排出できるので代謝が非常に良くなります。
(これは一回いくらなんだろう?ご好意に甘えて利用させてもらってるけど・・・)

他に自分でやっているのは週一回の岩盤浴と週三回の半身浴。

それと冷え取り靴下はほぼいつも履いてます。


ご飯はいままで雑穀米だったり白米だったりしてましたが、

玄米に切り替えました。(外食の時は臨機応変ですが)

乳製品、砂糖、肉類控えめ生活はいままでどおり。

甘いものがどうしても欲しい時は食品自体が甘味を持っている、

とうもろこしとかお芋とかを食べるなどして工夫したいですね。


私とてもパンが好きで昔はよく食べていたのですが、

やはり外で買うものには卵、砂糖、製粉された粉、ショートニングが使われてますから、

現在パナソニックの玄米も粉にしてパンにできるGOPANを超狙っています。

これだったら材料は自分で工夫できる。


運動に関しては朝少しだけ早く起きてストレッチヨガを習慣付けようとしているところです。

これは先日行った断食道場で毎朝行っていた朝ヨガを思い出しながらやってます。
(今のところお腹の腫瘍をいたわりながらですが。腹筋軽めとかね)

その他にも駅までちょうど12,3分かかるので行って帰ってくると20分程度のウォーキングになるかな~と。


何だかてんこ盛りですが、

時間のある今のうちでなければこのガッツリ感を習慣化するのは無理だろうと思うのです。

乳癌転移経験と卵巣腫瘍持ちですから生ぬるいのじゃなく、

しっかりと体に叩き込んで、気がついたら”習慣だから苦にならない”レベルにまで到達させたいわけでございます。


さあて、いつまで続いているでしょうか。

入院、手術期間中は当然カウントしませんよ。(笑)

とかなんとか言いながら、まずはこの腫瘍をなんとかして落ち着きたいわぁ。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体験!断食道場 [免疫力アップ]

4泊5日の断食道場に行ってきました。

DSC02149.jpg
こーんな、

DSC02142.jpg
こーんな感じの山の中でした。

ここに来る方は理由はさまざま。

普段の暴飲暴食で体内環境がおかしくなってるから体内リセットしに来たとか、

ストレスのせいで摂食障害や過食症になってしまった体を治したいとか、

単純にダイエットのためとか。


もともとこの施設を経営している方が過去に腎臓癌になり、

左腎臓全摘手術をといわれていたのに手術もしなかったそうです。

食事と体内のデトックスなどで14年後の今は元気で過ごされているとのことでした。


私の興味は日常的に取り入れられそうなもので、その施設での食事や生活でした。

断食コースと少しの食事が出る半断食コースのうち、

どうせやるならと断食コースにしました。

毎日断食ではなくて、段階的にご飯をだんだん減らす→断食数日→断食にかかった日数分回復食。

20150629.jpg
初日は減らして(七分粥と味噌汁)

20150632.jpg
断食中の朝食はこの醤油番茶のみ。

20150622.jpg
断食中の昼と夜はこの左側の酵素ジュースのみ。(隣のはお茶です)

で、断食終了すると回復食として最初のお粥が登場する流れです。


そのほかの時間は1日4回も体操(ヨガとかベリーダンスとかいろいろ)に参加できます。

他にも温泉とか。

この温泉はある場所から歩いて(4.5キロ)来館すると施設料がタダになるので、

20150619.jpg

こーんな道のりを歩きました。

これが結構な運動です。

そんなこんなで毎日過ごして感じたのは規則正しい生活リズム、食事、運動などが大切だわと。

食事に関しては帰るときに「帰宅後の注意事項」として

玄米を食べましょうとか、

良く噛んで、小食を心掛けるなどなど教わりました。

このアフターフォローが助かります。

DSC02180.jpg
道端の紫陽花。


帰り間際に前述の経営者の方に

参考になればと川竹文夫さんのNPO法人ガンの患者学研究所のことを教わりました。

同じ病気の方だとほっておけないとおっしゃって。

それで近く講演会があるので押しつけじゃなく良かったら行ってみたら?と教えてもらいました。

http://www.naotta.net/lecture/(←リンク貼ってみました。もしNGのときはお知らせください)

「ガンは治る」という活動をされているようです。

皆さんにも参考までに。


体内デトックスは日常で取りすぎた食品添加物や調味料や糖分などを排出して

体の中をクリーニングできます。

こういう施設もたまに利用しつつ、自宅でも出来るといいなあと思います。

なんとか仕事しながら免疫アップするライフスタイルを編み出したいものです。
(お金もできるだけかけずにね)
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉の某断食道場へ [免疫力アップ]

明日から、

たまたま見つけた埼玉にある某断食道場へ行ってきます。

断食が目的じゃないですよ。
(こないだやったばかりだし。)

マクロビオティック食が出たり、酵素作りを体験できるらしい。

少しでも日常に取り込めることを体験してきたいと思います。

仕事してたら長期でこんなところに行けないので、

少しワクワク、でもどんなところ~?って不安もいっぱい。

自由時間も結構あるらしいのでカメラ担いで行ってきます。^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

免疫力アップのために自分でできること [免疫力アップ]

自分でできる免疫力アップのため、

近隣で岩盤浴体験をしてきました。

しっかり汗をかいて、かなりスッキリ!

今後も利用したいので採用!したいと思います。

主治医のオススメは岩盤浴週1回、半身浴週3回だそう。

気持ちよければ何度でもいいと思います。


岩盤浴は体の内側から温めて基礎代謝アップができ、さらに汗をかきやすい状態にしてくれます。

私の場合、腸の冷えからくる不調のようなのでガンに対してもそうですが、

体温を上げて基礎代謝をよくすることは効果がありそうです、


あとは食事ですが、

免疫治療での退院後はなるべく食事には気を配っています。
(断食後は体の吸収力がいいそうなので)

今気になるのは自然農法で作られた食材での食事を自身の生活に取り入れて暮らすこと。

結局は日本人が慣れ親しんだ食事なのですが、

”医食同源”、”身土不二”に基づいた食文化を学んでみたい。

玄米菜食などはまさにそう。

ただ、いままでは本など参考にしながらの”なんとなく玄米菜食”でしたから、

実際に”生活改善プログラム”と称して体験できるプログラムがあったので近々参加する予定です。

休職中の今しかできないことを欲張って取り組んで行きます。

結果、習慣になってしまえばこっちのものですよね。^^


あと今更ですが冷え取りを改めて勉強するために


これが本当の「冷えとり」の手引書

これが本当の「冷えとり」の手引書

  • 作者: 進藤 義晴
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2011/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


これを読んでます。

これから冷え取りを始めてみたい方にも、そうでない方にもオススメです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

治療中断、そして胃カメラ [免疫力アップ]

現在、自宅におります。

本当は明日まで入院している予定でした。

実は例のお腹の張りと胃袋の張りとがひどくて治療を中断して急遽胃カメラ検査をしました。

免疫治療は3日間の断食が最初にあるのですが、

栄養が取れないといけないので野菜ジュースや酵素ジュースを食事の代わりに飲みます。

食事以外の時間はとにかく体温を上げる治療をするのですが、

温熱療法がとにかく汗をかきまくるのでとてもハードです。


ただ、張りがひどくてジュースも半分飲むのがやっとだったため、

主治医からも「まずは最低限3日間はやったから、

中断して胃カメラで確認する?」と促されたわけです。

必要な栄養ジュースが飲めないと倒れてしまうからです。


私もお腹のほうは初日に飲んだデトックスジュースが効いてスッキリしていたのですが、

胃の方が風船のようにポッコリ。苦しい。

心配だったし胃カメラ検査をうけることにしました。


しかしながら、退院後にうけた検査で”胃の中はとても綺麗”と診断されました。

(それはそれで嬉しいけどね。)

結局原因がわからず、胃の張りとストレスを和らげる漢方薬で様子を見ることになりました。



ここで一応免疫治療ってなにをするのか残しておきます。(あくまで私の場合)

*体内デトックス
三日間断食+野菜ジュースや酵素ジュース
(とにかく体内のリセットをする)

*温熱療法
温熱ドームに入ってひたすら発汗。普段は出ないくらいの汗を出しまくります。

*岩盤浴
ラドンの岩盤浴

*可視総合光線療法
赤外線と可視光線、わずかな紫外線を総合した連続光線を当てることで体内の自然治癒力を上げる。

*超高濃度ビタミンC療法
免疫治療で抗がん剤に変わる治療と言われているらしく、
正常細胞にはビタミンCなのでいい作用があり、ガンに対してだけ毒性を発揮するらしい。


うる覚えなのでそれぞれについては個々に調べていただきたいのですが、

まあ上記のことを一週間やる予定でした。

要するに、まずはデトックスをして体内をリセット後、

体温を上げることを中心に免疫力を上げるわけです。


ただ、ビタミンCだけは点滴ですから医療行為のできる人が必要で、

今回お世話になったクリニックは常に医療従事者がいるわけではありません。

ですから3日で出てしまったのもありますが受けてないのです。


以前来院したときは看護師さんがいたので2日置きに点滴してもらったのですけど、

どうやら体制が変わってしまったようで今はビタミンCをやっていないとのこと。


主治医に相談したけど、主治医自身もどうしようかと考えているところだとか。

(先生が勧めたのになあ。)と心のボヤキが入ります。

であれば主治医のところでお世話になれるようになるまでどこか探すか・・・と

しばしネットサーフィン。

調べてみてビックリですよ。

超高濃度ビタミンC療法っていうのは自費治療なのは理解してましたが、

1回2~3万円が相場のようです。

しかも初めの半年は週2,3回のペースで行うらしい。

電卓を叩かなくても気が遠くなりました。

以前クリニックで受けたときは実はもっと安くて一万くらいだった。

そのくらいなら抗がん剤も似たようなものだと思っていたのですけど。

そこまで調べて今日の思考はフリーズ。。。


それともう一つフリーズしたことがあります。

今日のテレビ番組で鳥越俊太郎さんの4度のガンを乗り越えた話題をご覧になりましたか?

2度目は半年後に転移、2度目以降は2年以内に3度手術という内容。

その後5年の間、転移は発見されていないとのことですが、

私は半年で転移のくだりで脳がまたフリーズしました。(早すぎる。。。)


ただ、番組を見たり夫と話をしたりして今思っているのが、

主治医をよきアドバイザーと捉えて自分できちんとガンのこと勉強しながら相談しながら

ガンの発生を抑えるような共存という方法が取れれば一番いいのかと思います。

任せきりにしない、自分だけでなんとかしようとしないでいいということです。


私自身、転移しちゃったわけなので油断は禁物。

いままでのなんとなくな免疫力対策じゃあいけないでしょう。

生活改善、体質改善にもう一度力をいれて元気でニコニコなえーぽんを目指します。ヽ(*´∀`)ノ


そうそう、免疫のクリニックから自宅のある埼玉に戻るときに

主治医も同じ方向だからと帰り送ってもらちゃったんですよ!

いやいや、私お医者さんってかなり遠い存在だと思ってましたが、

まさか助手席に乗せてもらって主治医がドリカム好きなことまでわかると思いませんでした。

体調もヘロヘロだったから電車に乗らず助かりましたが、

それよりも大変貴重な体験させていただきました。^^

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほんのぼやきです。 [免疫力アップ]

ただのぼやきです。スルーしてくださいね。


明日から一週間、免疫治療で入院です。

あ~あ、軽い軟禁だあ。

自分で選択したことでも憂鬱は憂鬱よ。


お腹の張りも一時期のひどい時からはだいぶ和らいだけど、

ちょっと食べるとものすごく胃から下が膨れて苦しい。

入院して少しは解消されるのかしら。

休職し始めて1ヶ月半、運動量も違うけど

体重も3キロ増加。

おデブまっしぐらよん。

単純に太ったのかナニが詰まってるのか、考えると怖い。(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体験、統合医療。それからお腹の張りの話。 [免疫力アップ]

勧められて統合医療なるものを体験してきました。

情報も欲しいし、少しでも為になればとの思いです。

ウィキってみると、

統合医療(とうごういりょう、英語 Integrative Medicine)とは西洋医学による医療と代替医療をあわせ患者を治療することである。

とある。

西洋医学はいつもの病院での治療のことで、代替医療にあたるものの体験です。

そこは日本統合医療学会などという立派なサイトのなかにも認定施設として掲載されていました。

お医者さんもいらして、まずは問診、それから代替医療の中の一つで浄化療法というのを体験。

全部を理解したわけではないけど、

なんでも人間の持つ自然治癒力を強化するとか手助けすることで

身体の不調を整えて健康増進を図るらしい。

食事もできるレストランがあったり、自然農法の有機食品が販売されたりしている。


で、浄化療法って何するの?と思うわけですが、

私自身は特に何もしないで座っているか横になっているだけ。

認定療法士さんが身体の不調がありそうな場所を探して気の流れなのかな?

気功のようなものだと思うのですが、そういう流れを良くしてくれるらしいです。

いわゆるデトックス効果があって不調のある滞っているところをよくしてくれるらしい。

療法士さんでなくてもやり方さえ覚えれば自分でも出来るらしい。

何だかここまでの話だと怪しいですよね。私もそう思います。(笑)

ま、でも世界でも認められているし、病院でも利用しているところもあるとか。。。

いわゆるレイキに似てますね。

ただレイキは人の体に触れますが、浄化療法は不調の場所を探すときは触れても、

その他は触れたりしなかったです。


この浄化療法、問診時の医師の話では抗がん剤で吐き気や頭痛など不調が出たり、

術後の回復など、不調の改善には劇的に効果があるとのことです。


で実際、施術してもらったら、

いろいろ滞ってますねとは言われたのですが、特にひどいのはお腹(腸)らしいです。

腸が冷えて凝り固まっているのが私の場合の原因のよう。

腸の冷えは足腰も冷やすし、便秘にもなる。

お腹が冷えているとその不調は上に登っていくので、

肺や胸にも影響するし、ひどい肩こりや腕のリンパの流れも悪くなる。

だから私の場合は腸が冷えて凝り固まった状態だから、それをまず改善していくといい。

とアドバイスを受けました。


それと、この施設の医師が言うのには浄化療法はガンの再発予防としては効果があると言えない。

だから今見てもらっている医師がいるならその医師の考えに沿って治療をなさったほうがいいと。

再発予防であれば抗がん剤をやったほうがいいのではないですかと。

それと並行して統合医療を利用するのはいいと思う。

浄化療法単独は勧めない。ということです。

先生が正直な方で助かります。


もちろん私も主治医を無視してこちらの治療を受けようなんて気はサラサラないわけです。

ただ、補助的に免疫力アップを目指せたらいいなと軽い気持ちでした。

”腸の冷え”の件は昔から大変な便秘体質だっただけに、自分の中で納得できました。

生活改善プログラムという泊まりのコースがあるらしいのですが、

普通に治療とは別に利用してもいいかもと思いました。

健康な人も心身の健康増進のため利用できるらしいです。

太極拳とかヨガとかも受けられる。


で、お腹の張りはですね、

前フリの話がありまして、前日の晩に何を思ったかお腹に手を当てて寝たわけです。

かなり無意識ですがお腹を温めて寝たらマシかもと思って。

そしたら翌朝(汚い話ですが)快便で、相当出せました。

もちろんガスも。。。だいぶ楽になってから出かけて施術を受けたので効いたかどうだか。。。

で、翌日もお腹に手を当てて寝たら、やはり少しお通じございました。

なので腹巻購入を検討中。(笑)


腸の冷えは当たっているようです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

足がジンジン。 [免疫力アップ]

ここ数日、家にいるせいか甘いものに手を出してしまってます。

そのせいか今日は妙に足首がジンジンとしびれます。

冷えとりやってるとめんげんという毒出しのようなものが起こるそうですが、

多分、これはめんげんでしょうね。

冷房と甘いもの。

てきめんでございます。

あー、ジンジンするよ~。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 免疫力アップ ブログトップ