So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼちぼち始まる一日 [日記・雑感]

異動です。

とは言っても割と近い店舗への異動なのでよくある話。

で、個人的な荷物を荷造りしたり、引き継ぎ関係をまとめたりと昨日は慌ただしかった。

ちょっと動いただけなのに昨晩はとても眠くて、今朝は疲れて起きられず。

今日は休みだからと行こうかどうか迷っていた和裁教室には結局行かないことにした。

雨の日は…何でしょうか、気圧の関係でしょうか、朝は調子が上がりません。

でも家の掃除はルーティンだから軽く済ませて気分は良いです。^^

異動に伴い上長が変わるのですが、電話で話をしたら

”頑張るぞー!!”の気合いがヒシヒシ伝わってきた。

心の中で、「いやいや、私はぼちぼちやらしてもらいます~」と思ってお話ししてました。


掃除も終わって今は一休み中。

ラジオから音楽が流れてきて穏やかな時間です。

今日も一日良い一日を過ごせそう。^^

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人様の親切が沁みました [日記・雑感]

外食帰りの通り道で新規オープンのスタバを発見。

オットと「寄る?寄ろう!」と立ち寄った。

一休みして席を立とうとしたとき、

オットの眼鏡のネジが外れて飛んで行った~。

床に這うようにして探し始めたら隣に座っていたカップル(!?)が携帯のライトを当てて

一緒に探してくれて、ネジも見つけてくれたのよ。

あ~、ありがたや~。

あなたたちの親切が心に沁みました。

雪崩のような幸せがこの二人に注がれますように。(祈)

私達もまた誰かに親切のおすそ分けさせていただきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自問自答? [日記・雑感]

翌朝目が覚めてもまだ疲れているって普通の健康な人でもあると思うけど、

最近、毎朝その感じが続いている。

仕事始める前はそんなに感じなかったけど、

それは一日中休めたからよね。(;'∀')

でも目が覚めて体を動かし始めると徐々にその疲れた感じがわからなくなっていく。

時短で仕事させてもらってもうそろそろ2カ月。

上長とはまず3カ月はリハビリ期間でやってみますかという話で始めた復職。

なんとなくフルタイムに移行するにはもう少し時間が必要かしらと感じている。

やっぱり抗がん剤の影響って長く響くなあ。

しんどかったら仕事辞めちゃおうと思っているので無理はしない。

ゆっくり、ゆっくりだ。

だって90歳位まで生きれちゃうかもしれないじゃない?笑

いま無理しちゃダメだよね~。


ちょっと思っていたことがあって、

今の仕事は初めて癌になったあとにこんな私でも誰かの役に立ちたいと思って始めた仕事。

でも今は、いろんな意味で自分が生きていくことで精いっぱい。

なのに人のためになんて言って、

よくわからない会社の基準に毎月振り回されている。

あれ?なんで私ここで頑張る必要があるんだっけ?って気が付いちゃった。

もうちょっと自分を可愛がってあげようと最近思っている。

人のことなんてどうでもいいとかは思ってなくて、

人のことを大事にするには自分を大事にしてからだよねってね。

ま、そういうことだ。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅で解禁 [髪の毛の話]

続けてズラ話で恐縮ですが、

本日よりオットにも見せていなかった坊主頭を解禁しました。(ただし自宅のみ)

オットには「帽子が取れてスッキリできて良かったね」と言われました。

もっと妻の坊主頭に感想があるかと思ってましたが、

「だいたい想像つくから」だって。

なーんだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ズラが・・・ [髪の毛の話]

最近髪の毛が高校球児並みに伸びてきました。

で、昨日もなーんか髪型(ズラのポジション)が決まらないなあと思っていたら、

伸びてきた髪の毛のせいでずれるんですね。かつら。

気が付くと10度くらいはいつもずれている。

髪の毛が伸びてきたのは嬉しいが、ズラがずれるのは嬉しくない。複雑。笑
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

充実の一日 [日記・雑感]

IMG_1720.jpg

本日はなかなか休日の合わないオットをひきずってのカフェめぐりをしてました。

カフェラテ、こんなに可愛く出してもらって癒しのひと時でございます。^^

IMG_1712.jpg

こんなきれいな夕焼け空とか、

IMG_1715.jpg

テル子のこんなところとか、

しあわせだな~と感じる三連発でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肺転移、卵巣転移、治療費のこと [治療費のこと]

昨年の3月の定期健診から抗がん剤の治療が終わるまでの治療費をまとめた。
自分自身の覚書として、また誰かの治療費の目安になればと思う。


【肺転移のこと】
3月2日~5月15日

8年目の定期健診で肺にあった影が大きくなっていると判明したことが事の始まり。
ずっと様子見だったのに、半年前の5ミリから11ミリと倍の大きさになっていることで主治医もさすがに気になったらしい。

それから気管支鏡検査やらPET、CTと検査の連続。

たぶんガンっぽいけど確証もないからまず取って見てみようと入院が決まった。
手術は胸腔鏡手術。
このとき、もし転移だったら?と心配しすぎてしまった。
なにせネットで見る限りでは乳癌の転移はもう死を待つしかない末期なんだという記事しかみあたらなかったから。
さすがに”死”が頭をかすめた。
この心配しすぎがこのあとの卵巣腫瘍を作り出したのではないかと今では思う。

そして、結果的に乳癌の転移性のものだろうという診断だった。

肺の一部をとっているのでひと月くらいは息がすぐ上がってしまう日々だった。
ただ、生活はそのひと月でわりと元通りになっていっていた。

転移なのにこの時抗がん剤治療に続かなかったのは、
病巣を取ってしまったことと、PET検査などで全身の検査結果から癌と疑わしいものがみられなかったから。
そういうこともあるのかと深く考えていなかったし、
あとは体が回復すれば元の生活に戻れるととても気持ちが明るくなっていた。

でも今思うと「目に見えない癌細胞をやっつけるために」抗がん剤治療を勧められてもおかしくなかったと思う。

※ここまでの治療費(健康保険対象治療のみ)
小計390,440円

気管支鏡検査 17,900円
PET、CT検査 31,560円
入院(5日間)・手術(胸腔鏡手術) 307,180円など含む


【術後の膨満感と卵巣転移】
6月12日~8月31日

肺の術後からかなりお腹が張っていた。
それは胃を圧迫して食事の量も減らさざるを得ないほど。

なぜか?とCT検査などしたがもともと便秘気味で便がいっぱい詰まったCT画像を見て、
腸内環境が悪すぎるからガンにもなってしまうのかもしれない、腸内環境を整えよう!という話に。

だけど今まで生きてきて、便秘で食事できないほど苦しいことはなかった。
おかしいなと思いながら過ごすうちに
ある日の不正出血で”子宮がん”の不安がよぎり婦人科受診。

結果、15cm越えの卵巣腫瘍。
紹介状を書いてもらっていつもの総合病院の婦人科へ。

すでに埋まっていた入院予約の中に自分の名前を押し込んでもらった。
緊急に必要な手術だった。

今は良性か悪性かわからないので、
手術して術中迅速判断にて切除部分が大きく変わるとの説明とおそらく子宮も全摘になるだろうと言われて覚悟はしたが、それよりも開腹手術と聞いて怖かった。

仕事に復帰できると思って気持ちも明るくなってきたところにまた手術。
木の葉が風でヒラヒラ飛んでいるみたいな、
流れに身を任せるしかなかった。

手術で左卵巣だけでなく、腫瘍が右卵巣も巻き込んでしまっていたために卵巣は全摘となった。
しかし、腫瘍は綺麗に取れたとかで子宮は取らずに済んだらしい。

開腹手術後は思いのほか大変で、2週間くらいで自転車も乗れるようになると聞いていたが、
腹帯が退院後もひと月半ほど手放せなかった。精神的に傷口が心配だったから。

今回の卵巣腫瘍はガンには違いないけど、結局原発か転移性の物か判断がつかなかった。
肺に続いて卵巣にもガンが見つかったことで抗がん剤治療は免れることはできなくなった。

※ここまでの治療費(健康保険対象治療のみ
小計197,586円

入院(10日間)・手術(開腹手術) 159,410円含む


【そして抗がん剤治療へ】

卵巣癌かもしれないし、乳癌の転移かもしれないしで
抗がん剤はアブラキサンとFECとなる。

3週間1セットで1クールを4クールずつすすめた。
9月7日からスタート、明けて3月6日までの治療期間だった。

副作用に関してはアブラキサンとFECのそれぞれでカテゴリー分けしてあるのでそちらを参照していただきたい。

振り返ればずっと治療に専念した1年だった。

※ここまでの治療費(健康保険対象治療のみ)
小計397,890円

アブラキサン 245,570円(一回73,000円くらい)
FEC 110,180円含む(一回25000円くらい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
治療費合計

合計で985,916円でした。
(高額療養費加味されてます)
入院中の自費、食事代とかテレビカードとかの費用は18,806円、それも入った合計です。

本当は免疫治療とかもあるのでもっとかかってますが、
健康保険のみで治療する方がほとんどだと思うのでそちらは載せていません。

やっぱり治療するのってお金がかかる。
我が家の場合は単純にオットのお給料だけで生活しているわけではなかったので、
生活費も少し出してました。

それから良いと言われたら岩盤浴行ったりとか、
副作用で爪が巻き爪になったりとか、視力が下がったりして眼科に行ったり、眼鏡作ったり、
そういった費用も実は発生しています。

治療することになって助かったのは、

ガン保険、医療保険、
高額療養費制度、
傷病手当

があったことでした。
これらのおかげで貯金には一切手は出してません。

これから治療をする皆さんの参考になれば幸いです。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本の紹介 [本と映画]

最近読んだ本。


後悔ゼロで生きるために、いまのうちやっとくこと

後悔ゼロで生きるために、いまのうちやっとくこと

  • 作者: 長田 夏哉
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ちょっとチラ見したときに前向きに考えるヒント的な楽しそうな文章があったので購入、
死を意識することで”今”の捉え方が違ってくるという内容。
魂とかのスピ的な話も多く盛り込まれている。
そういうのが好きな人にはおすすめかな。
私としては思ってたのと違ってた。笑


老後に破産しないお金の話 (成美文庫)

老後に破産しないお金の話 (成美文庫)

  • 作者: 大竹 のり子
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2015/01/05
  • メディア: 文庫


単行本だから読みやすい。
老後破産。現役世代のほとんどが抱えているかもしれない現実の話。
さらっとした内容だけど勉強になります。


仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2015/01/20
  • メディア: Kindle版


ちょっと読んでしばらくほったらかしにしていた本。
久しぶりに読んだら、面白かった。
明日は今日と違う自分になるという文章が響いた。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食事のこと [食事のこと]

ブログ友のますみんさんのコメントのおかげで
食事のことを書こうと思っていたことを思い出しました。
ありがとうございます。


食事について

あくまで抗がん剤治療中ではなく、普段の食事の話です。
治療中はジャンクだろうがなんだろうが食べられるものを食べてください。
食べずに体力なくすよりましですからね。^^


<なるべく避けているもの>

お肉=牛、豚、鶏などほとんど積極的にはいただきません。(どうしてもというときは鶏を少量)

お魚=積極的にはいただきません。どうしてもの時は赤身を避けて。

精製されているもの=精製された塩、白い砂糖、白いご飯など(精製されたものは栄養のある部分がほとんど削られて、残ったカスの部分を食べているようなものだから)

乳製品=牛乳はいただきません。バター、チーズ、ヨーグルトも然り。
    ビフィズス菌やカルシウムが必要であればサプリメントで摂取する

加工食品や添加物の多いもの=外で買うお弁当、お菓子(特にショートニング入りの物)

サラダ油=料理に使うならオリーブオイルです。(またはココナッツオイルがよいらしい)

お酒=付き合いで飲むときはなるべく少量で。


<なるべく摂るようにしているもの>

玄米=有機栽培か自然農法の物(苦手なら七分付きや四分付きでも可)

野菜=手に入るならなるべく有機野菜、自然農法のもの
   (農薬を避けたいのと、栄養分が多いものを摂取するという意味)

亜麻仁油=オメガ3という成分が入っていて良いそうです。(生食用なのでサラダにかけてます)

一日の食事で摂れるように意識しているものま・ご・わ・や・しい・こ

=豆類。えだまめとか豆腐とか納豆とか

=ごまなどの種子類。ナッツなども含みます。

=わかめなどの海藻類

=野菜

しい=椎茸などのきのこ類

=酵素。みそとか納豆とか発酵食品

一日3食のうちのどこかのタイミングで上記がまかなえればOK。


<上記の理由として>

ガン細胞は高カロリー、高タンパク、高脂質のものを好みます。
肉類、魚類、加工食品、添加物などには多くそれらが含まれます。

普段何気なく、当たり前のように食べていたものが実はガンの好む食事であり、
これをガンにかかった私たちが以前と変わらず食べていると、
ガン細胞が他の細胞組織などに栄養が届く前に真っ先に高カロリー、高タンパク、高脂質を奪いに行き、せっせと私たちが自らガンにエサを与えていることになるわけです。

そう、”なるべく避けているもの”を見ていただければわかりますが、
グルメ番組などでタレントが大げさに「おいしい~!!」なんて叫ぶような食事は食べられないものが多いです。

逆に質素なくらいの食事でがん細胞を兵糧攻めのような感じにしないと
ガン細胞には効き目がないし、その質素な食事を私たちは覚悟して何年間か維持しなくては
(今まで通りの食事では)容易に再発への道をたどることになるかもしれないです。

食べることが楽しい人にとってはなかなかの修行のような感じかもしれないですね。
でも、そういう方は一度食事のリセットをしてみるといいです。

「断食(ファスティング)」ですね。

まずは普段の添加物や加工物を食べ過ぎた体や、
腎臓や肝臓を休めるためにデトックスをするということです。

きちんとした施設(自己流じゃなくて)で最低3日間。
しっかりやり切るとと、味も何にもついていない回復食のおかゆがものすごくおいしく感じます。
薄味でもしっかり味を感じ取ることができるようになっています。
体がデトックスされているので素材そのものの味を感じられるようになってるからです。
逆に味の濃いもの、甘いものがまずいと感じるかもしれないです。
だから昔の人が食べていた粗食みたいなものでも、野菜だけの食事でもおいしく感じます。

断食は出来れば4か月に一回くらいのタイミングで。
最低治療が終わってから2年くらいは続けたほうがいいと私は言われてます。

慣れてきたら、ちょいちょい週末の一日だけとか自分でやるのもいいでしょうね。


以上ですが、これは医師に教えてもらったり、本を読んだり、セミナーに行ったりして
私なりに現在やっていることです。

あくまで私の場合です。

だからこれを読んでいる皆さんは参考程度にしていただいて、
皆さんなりの”自分の場合”を探してみていただくのが良いと思います。

本だって色んなやり方がそれぞれに紹介されています。
そりゃそうです。ガンをやっつける決定的な方法はまだ見つかってないのですから
だから自分がこれは良さそうと思ったものを自分で選択していくしかないんですよね。


私の場合の食事についてを紹介しましたが、
ガンが自然に無くなったという人たちも実践している食事になるべく近い方法をとっています。
まあ、あとは私が今後再発や転移を繰り返したとしても命を落としたりしてなければ
うまくいったということでしょうか。

一番いいのは病気をしないことですけどね。^^
目指しますよ~!!

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感