So-net無料ブログ作成

自分達らしく [病気のこと]

IMG_0304.jpg
最近のボルお気に入りの場所。冷蔵庫の上。
前足を内側に折り曲げて座るその感じ・・・うう~身もだえするほどかわいい♪(←親ばか)
けっこうぼってりしてきました。フフ


おっと、タイトルどおり前回の話のその後です。

旦那と先日映画に行った帰りに
「二人だけの生活も楽しいかもな~」と旦那が言った。
子供を持つということを諦めたということではなくて、
自然に授かったら当然嬉しいからそれはそれで子育てを頑張るつもりだと。

何か治療したりして気負うのではなく、
すべて自然に過ごすのがいいなあということらしいです。

超高齢出産なんて前回の気負った記事を撤回すべきですね。

自分達らしくいこう。

これが我が家には一番ピンと来る感じかな。
前回の記事で応援コメントいただきました。ありがとうございます!
なるようにしかならない。と本当は良くわかっているんですよね。
だから不妊治療をしたりして何かどこかで無理をするのはやめておきます。
命も大事だし。

旦那や皆さんのおっしゃるとおりです。
諦めるんじゃなくて、自然のままにいきたいと思います。
別に不妊治療しようとか、子供が欲しいとか旦那と話し合っていたわけではないんですよ。
なんとなくなタイミングでの旦那の発言でした。

何しろ病気も一息ついて、元気に仕事が出来るだけでもありがたいことですから♪
そう考えるといろいろ楽しみたいことがワラワラわいてきます。
ちょっと楽しくなってきました。^^
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がん後と妊娠 [病気のこと]

先日乳がんと妊娠で検索したら
「高齢出産」が引っかかった。

たしか38歳で出産した彼女は自分のことを超高齢出産と言っていた。
そうか、38歳は高齢出産か。しかも超がつく。

そしてさらにスクロールさせると乳がんだったけど高齢出産を目指している女性のブログを発見。
子供欲しさに5年のホルモン療法を2年で中断して
不妊治療に果敢に挑んだ超チャレンジャーなブログ。
でも、2年近くつづった(頑張った)ブログは
おそらく妊娠をあきらめたような感じのところで放置されていた。

自分に置き換えると私も2年で中断。
だけど月のモノが不安定な状態なので婦人科に相談すら行っていない。
毎日のようにホルモン剤を打たれる不妊治療を思うと勇気が出ないのが正直なところ。
でも上の彼女は月のモノが戻るか戻らないかで不妊治療のスタートを切っていた。

いろいろ調べると、不妊治療が乳がんのリスクを高めるというような決定的な証拠などはないらしい。
これは最近知ったこと。噂じゃなくて医学的に理論付けるものはないみたい。

だけど乳がんでホルモン療法といえばエストロゲンを抑えるためのもので、
不妊治療といえばエストロゲンを増やすための治療だから単純に足し算引き算で考えるわけです。
「ヤバくね?」と。

だけど子供が欲しいとなるとそんなことはかんけーねー!とつい突っ走りそうになる。
・・・そういう気持ちは良くわかるわけです。

私の旦那は乳がんになる前の不妊治療が乳がんを引き起こしたんではないか?と
がっつり疑っているため、すすんで不妊治療を再開させようと思っていないようです。
私も「再発したら・・・」とよぎるのと、
不妊治療で自分が精神的にグラグラになるのが簡単に想像できるので再開は望んでいない。
あわよくば自然に授かりたい!(コウノトリさーん♪)

そんなんで最近自己流タイミングととっています。
面倒くさいから基礎体温も測ってません。
でもそろそろ月のモノもリズム良く訪問するようになったし今度来たら始めようかしら。
本当は過去の不妊歴や年齢からいってもすぐ体外受精とか勧められるのでしょうが、
今はちょっと転職したばっかりで精神的にも金銭的にもちょっとね。
でも落ち着いたら相談くらいは行ってみようかなとは思ってます。

このブログって最近乳がんのネタはほとんど無いけど、
必ず毎日一人は検索して訪れてくれています。
たぶん乳がんの告知を受けて間もないから必死で検索してるのかな?と勝手に思ってます。
しかもかなり古い記事からしっかり読んでいるもようです。
自分がそうだったし。

少しでも自分の病状と比較して参考にしてもらえればと思ってます。
だから最近関係ない記事ばかりでも閉鎖できずにいるんですよね。。。ハハハ。


閉鎖できないのでついでに新たに「超高齢出産」ってテーマも付け加えてみようかしら。
冒険?これってチャレンジャー!?

あ、でもたぶんまだしばらくは不妊治療とかは始めません。
だって怖いんだもん。ブルブル。

でも、ときどきだけどえーぽんの超高齢出産までの道のり(笑)を記事にしてみます。
これを読んでいる同志のあなた、一緒に頑張ろうね♪
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お休みだったので [日記・雑感]

DSC00011.jpg
プチロール作りました。

給料日前でお金を使いたくない。
外に出たくない。
でも明日の朝のパンがない。
というものぐさ根性で作りました。

お腹もすいていたので3個食べたら何だかもたれました。
やはり目分量で作る物ではないらしいです。笑
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バリウムはやっぱりまずい。 [日記・雑感]

今日は会社の定期健診でした。
午前中の勤務時間中に行っていいと言われて行って来ました。

会社の定期健診久しぶりです~。
入社のときもあったけど、
そのときは胃のレントゲンも採血もなかったし。

で、そのレントゲン。
最近のバリウムって飲みやすく味付だったりするよね?
しかし今日のは最近のじゃなかった。

炭酸の細粒みたいなのを口に含んで水で一気に飲み込み、
出そうになるゲップを我慢しろと無理を言われる。
それでストロベリーでもグレープフルーツでもない、
バリウム味のドロドロを一気に「ゴクゴク」飲めだあ?

「飲めるかーーーーッッ!!」
その後遊園地に行ったってこんなに回る遊具はないだろうというくらい、
グルグルと逆さにされたり、右や左を向けだの一回転しろだのと言われる。

マジ、勘弁してください。。。

終わった頃にはバリウムで胃がムカムカするわ、
お腹が張るわでぐったりです。

経験のある皆様方には良くわかっていただけるはず。
午前中に下剤を貰って飲んでいますが、日付が変わっても胃が膨れているだけで効果がありません。
健康管理のためとはいえ、
バリウムはやっぱりまずい・・・です。[もうやだ~(悲しい顔)]

そうそうレントゲンのたびに気になることが一つ。
放射線治療を受けた人間は定期健診のレントゲンってどこまで許容範囲なんでしょうね。
どなたかご存知ありませんか?
私も主治医に今度聞いてみますが、気になります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気持ちは通じる。・・・らしい。 [仕事の話]

職場みたいな小さな社会では嫌いじゃないけどチョイ苦手な人っていますよね。


でも私はチョイ苦手でも「この人はこういう人なのね。」と
相手が自分に対してどう思っているかはあまり気にしたことが無かったんです。
気にするときはすごーく気にしますが[たらーっ(汗)]

それで私のチョイ苦手なAさんの話。
Aさんは笑うとかわいいけど、話し方がぶっきらぼうで言葉が足りない。
そしてあまり笑わない。
世間話も続かない・・・のです。

この数日仕事を一緒にしてみて”当たらず触らず、仲良くやろうと思わない”と結論を出したわけです。
それなのに昨日は微妙に世間話をAさんが振ってきた。
「今日は和やかだな。私に慣れてきたのかしら?」ぐらいに軽く考えてました。

仕事でAさんの知り合いでもあるC先輩に電話をしたら、
「Aさん、接し方でああ見えて悩んでるみたい。メールが来たの。
だから仕事の話ばかりじゃなくて趣味とかの何でもない話もしてみたらって言っておいたよ」とC先輩。
Aさんが私のことをどう思うか私が気にしなくても、
なんとなく漂うお互いのギスギス感をAさんも感じていたのねー。

私は特にAさんだけじゃなくて皆さんに同じような接し方をしていたつもり。
もー、取って食うわけじゃないからもっと楽に接してくれればいいのに!!

C先輩いわく、とても人見知りなAさん。
どう接していいかわからないので”ぶっきらぼう、言葉足らず”という分厚い壁を防御壁として立ち上げちゃったらしい。[ふらふら]
接客が仕事なのにそんな不器用さんが存在してるなんて[あせあせ(飛び散る汗)]
いやいや~相手も同じ人間なんですものね。

お互いに「何だか苦手!!」ってハリネズミみたいにトゲで身をくるんじゃったのね。
相手も同じように感じてて、心がちょっと痛かったりしたのね。
慣れない職場に飛び込んだ私側からするとそこまで推察するのは難しいけど、
どんな人もそんなに自分と変わらないってことがよくわかりました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

治療か子供か・・・答えは出ません。 [病気のこと]

ここ数日一人でもやもやしていることがある。

最後の乳がん治療のための診察からそろそろ1年経つ。
言われなくても一年に一回は定期健診、当然でしょう?とばかりに治療を受けた病院に電話をした。

電話口に出た女性が私のカルテを見てから
「婦人科に相談してとありますが・・・」と言う。

なんのこっちゃ??と思いつつ、
約一年前の主治医との会話を思い出そうとした。
電話口の女性が続けて「あ、いえ。妊娠を希望されてるということでしたよね?」と言った。

確かに子供が欲しいから本来5年はやるホルモン療法を2年で止めてますけど?
そうか、思い出した。
生理が戻ってこなくて見込みがないなら、
ホルモン療法を続けるかどうかは私の自由だって主治医のY先生言ってたわー。
「続けなくても大丈夫だと思うけど、
再開するなら言ってくれれば再開するよ」って言ってた。
あーそうだ。はいはいはい。

でもさ、もともと不妊で出来にくいのよ。
去年の7月に生理が戻ってきたけど、
12月の子宮ガン検診で「まだ内膜の厚さが薄いから本調子にもどるにはまだまだだね」と
婦人科の先生に言われたわけです。
不妊治療を再開するとしても体のOKサインがなければ婦人科に相談すら行けないし。

せっかくホルモン療法でエストロゲンを抑えていたのに
不妊治療で逆にエストロゲンを増やす治療を始めちゃ本末転倒よね。

体が本調子じゃないなら自然に任せておけとばかりに放っておいたことなのですが、
どうしたらいいのかしら・・・・。

どちらにしても外科には定期健診に行くつもりなので今度相談してみます。
しっかし悩ましいなあーーー。

この記事どう考えてもコメントしにくいね。
コメ閉じておきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感